FC2ブログ

更新履歴Blog

日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VirtualBoxのLinuxにSSHで接続する2

DHCPなどでIPアドレスが割り振れる環境であれば、VirtualBoxのLinuxにSSH接続する事ができます。
ルータからローカルのIPアドレスが割り振られる環境を前提にした手順を書きます。
  1. ローカルのIPアドレスを取得できる設定をします。
    設定したいOSを選択した状態で「ネットワーク」をクリックします。

    201604181034.png

  2. 設定のネットワーク項目が開くのでアダプタ1のタブの「割り当て」を「ブリッジアダプタ」に変更して「OK」を押します。

    201604181400.png

  3. OSが起動中の場合は、再起動をします。
    起動したらターミナル(端末)で以下のコマンドを実行します。
    $ ifconfig
    
    201604181521.png
    eth0のところにあるinetアドレスがこのマシンに割り振られたIPアドレスになります。

  4. SSHクライアントソフトで先ほど確認したIPアドレスでログインをします。
    以下、TeraTermを例にした説明になります。
    MacOSXを利用している場合は6の手順を参照してください。

    201604181554.png

    ホストに先ほど確認したIPアドレスを入力します。
    サービスはSSHになっているのを確認します。
    TCPポートは「22」にします。
    設定できたら「OK」を押します。
    セキュリティ警告のダイアログが出た場合は「続行」を押して先に進みます。

  5. ユーザ名とパスフレーズを入力して「OK」を押せばログインできます。

    201604181124.png

  6. MacOSXを利用している場合は、ターミナルからコマンドで直接ログインが可能です。
    ターミナルを立ち上げて、以下のコマンドでログインできます。
    $ ssh ユーザ名@IPアドレス
    
    あとはユーザ名とパスワードを聞かれるので入力すればログインできます。


サーバ側にSSHのデーモンがインストール&起動していないと、SSHは接続ができません。
SSH接続に失敗する場合はUbuntuにOpenSSHをインストールするを参照してください。
スポンサーサイト

コメント

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://v2rt.blog81.fc2.com/tb.php/25-4ae3a5d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。